« 2013年度プロレス大賞選考会議 | メイン | 馬場さんが亡くなって15年… »

2013年12月20日

クリスマス発売のGスピリッツは新日本特集!

Gスピリッツvol,30表紙画像_1.jpg

 12月25日(水)のクリスマスに発売されるGスピリッツ第30号は1年9ヵ月ぶりの新日本プロレス特集! 第23号に続く『続・金曜夜8時の新日本プロレス』だ。正確には月曜や火曜の夜8時の時代も含む88年4月までのゴールデンタイム時代の新日本を特集している。

 この特集の中では1973年(昭和48年)3月に合流して以後、選手として、副社長として、ブッカーとして新日本を支えてきた坂口征二相談役に計5時間インタビューした他、獣神サンダー・ライガーの素顔時代、武藤敬司の若手&スペース・ローンウルフ時代の青春を取材。また日本プロレスの『ワールドプロレスリング』放映開始から新日本の70年代の黄金期にプロデューサーとして手腕を振るった堀内国弥氏とお会いすることもできた。

 主な内容は以下の通り。またまた濃い一冊に仕上がっています!

【巻頭2万字インタビュー=坂口征二】
昭和の副社長兼ブッカーが振り返る「闘いのロマン」と「企業戦争」

【証言―金曜夜8時最後の世代】
越中詩郎 ド演歌ファイターの苦闘と栄光

獣神サンダー・ライガー あすなろ戦士の尖りまくり青春記

武藤敬司 月曜夜8時のスペース・ローンウルフ

【テレビ朝日から見た昭和・新日本】
堀内国弥・元プロデューサー=70年代の『ワールドプロレスリング』

■スペシャルインタビュー
ザ・ファンクスのアマリロ黄金期回想録
ジョニー・セイント=“千の技を持つ男”が明かすロイヤルマジック誕生の秘密

■連載
グレート東郷 「銭ゲバ」と罵られた男の戦前・戦後史
【第2回】なぜグレート・アントニオは外国人控室でリンチに遭ったのか?

実録・国際プロレス
【第20回】米村天心(後編)

ミル・マスカラスが「悪魔仮面」と呼ばれた時代
【第13回】宿敵ジョニー・バレンタインと合体!

アリーバ・メヒコ
“怪魚仮面”フィッシュマン 天才エストレージャの栄光と破滅
【後編】頂点を極めた男がマスクを脱いだ日

ドクトル・ルチャの現地リポート
CMLL創立80周年を祝してルテロ・ファミリーが勢揃い!

原悦生の格闘写真美術館
【第30回】「ガウン」

投稿者 maikai : 2013年12月20日 13:52

コメント

買いました!
いま読んでいる途中です。
年末年始Gスピを読みながら過ごしたいと思います!

テリーが全日本の昔の黄色と黒のジャージを着ているのがうれしかったです。
あれはゴールデンに復帰したころ85年ごろのものですね。

投稿者 ボンゾ : 2013年12月27日 03:02

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

週刊ゴングがなくなり、スピリッツか創刊されて随分時間が経過しますが健闘してますね。
プロレス雑誌と言えば週刊プロレスとスピリッツだけですがどちらも頑張ってもらいたいものです。

投稿者 黒覆面の魔王 : 2014年01月02日 16:31

コメントしてください




保存しますか?