« また一から始めた天龍源一郎 | メイン | 全日本プロレス40年史 »

2012年10月03日

武藤&カズが語る武藤・全日本10年の軌跡と未来

武藤×カズ_1.JPG
(C)大田哲男

 Gスピリッツ第25号発売から1週間…もう『全日本創立40周年記念スペシャル』を読んでいただけたか な!? ちょっと間が空いたが、こぼれ話はまだまだ続きます! ということで、今日は2002年からの武藤・全日本。会長・武藤敬司×取締役カズ・ハヤシの対談だ。

 ふたりの初対面は98年5月、カズがWCWから『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアⅤ』に参戦した時だ。その後、99年にはWCWで同じ時間を過ごしている。今回の対談では全日本入団以前の武藤がアメリカでスキンヘッドになった真相と、初めてスキンヘッド武藤を見た時のカズの驚きなどの番外エピソードも。

「ネームバリューより職人」「企画ではなく技術」などなど、武藤の口からこの10年間で学んだことが随所に飛び出す。そしてカズが語るのは人材育成の難しさ。馬場・全日本の伝統を引き継ぎつつ、いかに新しい全日本を打ち出してきたか!? さらに2人の話は未来へ…。武藤・全日本10年の軌跡と未来を感じ取ってください!

投稿者 maikai : 2012年10月03日 14:23

コメント

Gスピリッツの全日特集、ようやく読み終わりました。
相変わらずのボリュームでしたね(笑)

全日絡みとなると、リアルタイムで観ていなかった頃の話でも興味深く面白いです。

投稿者 拷問コブラ : 2012年10月04日 21:48

コメントしてください




保存しますか?