« もう一回、ひとつになろうぜ | メイン | 金の雨が降ってきた… »

2012年02月27日

最高だった大日本!

デスマッチ王者アブドーラ・小林に竹田誠志が挑戦するアルティメット・オープンフィンガー五寸釘デスマッチ+ストロングBJによるリーグ戦『一騎当千strong climb』の2本立て…のっけから書いてしまうが、昨日の大日本プロレス後楽園ホール大会はベストな興行だった。

『一騎当千』では、バラモンシュウが佐々木義人に勝利した瞬間にバラモン・コールが大爆発。悪態をつきまくり、やりたい放題のバラモン兄弟だが、憎めないのは滲み出る彼らの素の性格によるものか? とにかくバラモン兄弟の人気は半端ではないのだ。そして関本大介vs岡林裕二の真っ向勝負は、まさにストロング・スタイル。あの体だから力比べひとつにしても迫力があり、止まっていても絵になる。その上での躍動感溢れる攻防はプロレス本来の魅力を存分に見せてくれた。

 メインのデスマッチは説明するまでもなく、凄いもの。竹田がアブ小をジャーマンで五寸釘ボードに叩きつければ、アブ小もスリング・ブレイド、パワーボムで竹田を五寸釘ボードへ! 最後は竹田の上に五寸釘ボードを被せて、その上からダイビング・バカチンガー・エルボーを投下。16分2秒の死闘を制した。

 デスマッチと『一騎当千』は対極にあるものだ。だが、表現方法は違ってもプロレスラーの凄さをお客さんに伝えるという根っこの部分は一緒。そして戦いに真摯に取り組む姿勢も一緒。だから試合を見終わった後の満足感は変わらないし、それでいて、それぞれが独立して成立しているところが素晴らしい。どちらかが、どちらかに食われることなくきっちりと2本立てとして成り立っているのである。

 試合後、アブ小が「俺、プロレスファンなんでテレ朝とか観るんですよ。5チャンネルのチャンピオン(オカダ・カズチカ)は金の雨を降らすらしいな。でも、このリングにはお金以上のものがいくらでもあるんだよ。UFCみたいな金をかけたイベントより、こっちの方がよっぽどいいんだよ!」とアピールすると…何と「プロレス最高!」コールが発生した。アブ小の「ちょっと待て! “ダイニッポン”じゃねぇのか!?」のダメ出しでコールは大日本コールに。この反応がすべて。そう、この日の大日本は最高だった!

投稿者 maikai : 2012年02月27日 12:36

コメント

最近、仕事の都合で大日本に行けてないので、行きたくて!!

是非、次回は…

投稿者 岐阜人 : 2012年02月28日 09:57

コメントしてください




保存しますか?