« それぞれの独立記念日 | メイン | DDTオフィシャルサイトに注目! »

2012年02月12日

『突然のファイナルに向かって』再アップです!

12年02月10日.JPG

 2月11日にアップした『突然のファイナルに向かって』が作業上のミスで削除されてしまったので、再アップします。文章&写真は前回のままです。

 昨日は久々にサムライTV『速報!バトル☆メン』に出演。ゲストはTAJIRIだった。その4時間前にはSMASHの酒井正和代表と記者会見を行い、3月14日の後楽園ホール大会をもってTAJIRIプロデュースのSMASH終了の記者会見をやったばかり。そして私は旗揚げからSMASH中継の解説を務めさせてもらっている。何だが凄いタイミングだ。モッキー(元井美貴さん)がMCを担当する日の出演はいつもハプニング! 思えば、前回はJWPの米山香織が引退を撤回した日だった。

 さて、今回の一件だが、私はオーナーである酒井氏とプロデューサーであるTAJIRIの価値観、プロレス観にこの2年間でズレが生じ、相容れなくなってしまったとシンプルに解釈している。株式会社スマッシュは酒井氏の会社。その酒井氏と意見が合わなくなったプロデューサーのTAJIRIが去るのは当たり前のことだ。酒井氏が今後もプロレス活動を続ける意思があるならば違うプロデューサーを起用すればいい。だから酒井氏サイドからすれば今回の一件は「SMASH第1章の終了」ということになり、TAJIRIサイドからすれば「3月でTAJIRI一座のSMASHは最終回になる」という言い方になる。

 2・19TDCホール目前での発表は「今回のビッグマッチがこの2年間の流れの集大成であり、最終回」ということをファンに対して明確に提示するためだろう。この大会を成功させ、3月14日の後楽園ホールできっちりとケジメをつけるというのは酒井氏、TAJIRIに共通する想いのはずだ。

 中には「これは話題作りで、TDCでどんでん返しがあるんじゃないのか?」と斜めに見ているファンもいるだろう。ファンはいろいろな見方、感じ方をする。そうした中でTAJIRIが2・19TDCと3・14後楽園のたった2回の興行で、どうやってこの2年間のSMASHをまとめ上げるのが、それこそプロデューサーとしての腕の見せどころである。

 写真は放送終了後に撮った写真。TAJIRIの表情には暗さも悲壮感もない。ラスト2回の興行に向かって気持ちは微塵もブレていない。

投稿者 maikai : 2012年02月12日 16:41

コメント

コメントしてください




保存しますか?