« Gスピ第20号は…90年代の全日本プロレス! | メイン | 本日発売!全日本プロレス電子マガジン第6号 »

2011年06月29日

世代を超えて革命児の競演!

P6280126.JPG

 昨日は7月4日午後11時から放映されるサムライTVの対談番組『Versus』の収録。今回の顔合わせは天龍源一郎vsKENTAという“昭和の革命児”と“平成の革命児”の激突。あの激しかった天龍革命(レボリューション)を取材している人間として両雄の仲介役を務めた。

 2人の接点は05年に天龍がノアに参戦した時。タッグで何度か対戦しているし、シングル対決も実現(同年10月8日=後楽園ホール)している。さらに静岡の宴席では天龍がKENTAに「さあ、飲めよ!」とリング外の得意技(?)を炸裂させている。「あの時は…気付いたら、トイレで便器を抱えていました」(KENTA)とのことだが、普段はあまり飲まないKENTAが「飲みますよ!」と、ググーッと飲んだことは龍魂に響いていたようだ。

 年齢差31歳。KENTAは天龍が最後のアメリカ修行を終えて帰国した81年3月に生まれている。天龍革命が勃発した時は幼稚園の年長組。そう考えると世代のギャップは凄いが、全日本に危機感を持って天龍革命をスタートさせた天龍と、ノアに危機感を持ってNO MERCYを結成したKENTAは意気投合。これ以上はネタバレになってしまうので書けないが、今必死にもがいているKENTAにとって、天龍がいかに当時の強固な全日本の体制を変えていったか、何を支えに突っ走ったかなどの話は貴重だったはずだ。収録後も控室でしばらく天龍の話を熱心に聞いているKENTAの姿があった。

 天龍革命時代の天龍&阿修羅・原の龍原砲は、対戦する正規軍の選手と交わるのを嫌って、電車やリング屋さんのトラックに乗って単独で会場入りするほどシビアだった。そんな天龍革命の凄さや覚悟をもっともよく知っているのは、実はKENTAが標的としている仲田龍GMだ。当時、リング屋さんでもあった仲田GMは天龍革命の支持者でもあった。仲田GMは今回の天龍とKENTAの意気投合をどう感じるだろうか? 今日の東スポで記事になっていたが、天龍がNO MERCYの相談役になったら面白い展開が生まれそうな予感がするが…。

投稿者 maikai : 2011年06月29日 14:39

コメント

この対談は是非観たい!

投稿者 42歳 : 2011年07月01日 00:44

天龍選手といえば、次は、今度復帰する小橋選手との対談を聞きたいです。
小佐野山は、三沢さんと天龍選手の対談を企画することができず、残念と以前おっしゃってました。

三沢さんの精神を一番引き継いでいる小橋選手と、天龍選手の対談を近いうちに企画してください。

投稿者 tks : 2011年07月03日 23:39

コメントしてください




保存しますか?