« 真田&征矢の初体験 | メイン | 諏訪魔のマイク事件について »

2010年09月10日

もう一度…アントニオ猪木!

 9月8日にGスピリッツの『SPECIAL EDITION vol.1』として『アントニオ猪木』が発売になった。私はこの本に関しては、元・テレビ朝日アナウンサーの舟橋慶一氏のインタビューだけしか担当していないため、ほとんど読者と同じ。編集部から本が送られてきて、初めてその全容を知った。

 実は9月下旬発売のGスピリッツ第17号の原稿の締め切りに追われていて、ほとんど読めていない状態(苦笑)。でも、証言者にプロレスラーがひとりも登場していないというのが、まず斬新だ。そして巻頭の31ページにわたる元・東京スポーツ編集局長の櫻井康雄氏のロング・インタビューは圧巻。櫻井さんは私の子供の頃からの猪木の語り部。ゴングが月刊誌時代、私は櫻井さんの原稿取りの係だったが、原稿をいただきに行くたびに猪木の闘いのロマンを聞かせていただいた。改めて、櫻井さんはアントニオ猪木についての第一人者だと思う。

 そして、まだ読めていないのだが、興味をそそられたのは猪木家の人々へのインタビュー。猪木の異母兄弟で猪木家の最年長者・康郎氏、三女で猪木の姉にあたる東野京さん、猪木のすぐ下の弟になる七男(猪木は六男)の啓介氏、啓介氏の愛娘で猪木の姪となるファニー猪木さんという凄いメンバーなのだ。啓介さんには高校時代に新日本プロレスのファンクラブをやっていた時にお世話になったことを思い出して、写真を見るだけで懐かしかった。

 ということで、今までの猪木本とは明らかに一線を画しているこの増刊号。ぜひ、読んでいただきたい。それにしてもGスピリッツというのは、読者の立場からすると、読破するのに随分と時間がかかる本だなあと思う。それだけ内容が詰まっているということだ。この猪木増刊に続く本誌第17号にもご期待ください!

投稿者 maikai : 2010年09月10日 11:28

コメント

読ませて頂きます...

投稿者 岐阜人 : 2010年09月10日 14:44

Gスピリッツ第17号も猪木本ですか?前田明さんの猪木さん論とかあったら嬉しいんですけどね~。楽しみにしています。発売日だけでも教えてほしいです。

投稿者 博士 : 2010年09月10日 19:14

GスピリッツSpecial edition 猪木特集読みました。
桜井さんのインタビューは、ボリューム・内容たっぷりでまさに圧巻でした。このような書き方をすると失礼かもしれませんが、まさに日刊誌において第一線で活躍していた方だけあり歴史的ネタは、ものすごい情報が東スポに集中していたのですね。猪木の全盛期は、月刊(旬刊)、週間時代の記者達よりものすごい情報量だったため今までの猪木に関してのインタビューをものすごく超越してる内容でした。この31ページで掲載したのは、大正解で個人的には、桜井さんと船橋さんのインタビューで1冊作ってもよかった気がします。桜井さんTVでは温厚中田に見えましたがインタビューを見るとものすごい辛口な方なんですね。こうなると桜井さんがご健在のうちに別の意味での(昭和)日本プロレス史の本を出版してほしいですね。このインタビューだけで何回も読み直せる内容ですね!

投稿者 マサ札幌 : 2010年09月11日 22:17

コメントしてください




保存しますか?