« いかが? | メイン | マハロ! »

2010年09月16日

打ち切りです!

 なぜだかわからないが、14日から突如として諏訪魔問題に対する書き込みが急増した。すべてを載せると、今度はファン同士の言い合い(書き合い?)に発展して、炎上してしまう危険性があるので、すべて掲載は見合わせます。

 今回の一件で引っ掛かるのは、その行動の是非だけでなく、諏訪魔のすべてを否定する意見が飛び交っていることだ。それは筋違いではないのか。何かあると寄ってたかってボコボコにする風潮には正直、うんざりだ。

 そして感じるのは、レスラーはもちろんだが、お客さんにも守るべきマナーがあるのではないかということ。お客さんはお金を払ってチケットを買い、会場に足を運んでいるのだから、基本的にはどう楽しもうが自由。でも、会場の雰囲気を悪くしたり、人の気持ちを害する野次などは慎むべきだと思う。それは今回の後楽園の野次がどうのこうのではなくて(私はヘッドセットをしていたので聞き取れていない)、一般論としてのごく当たり前の話だ。例えるなら…飲みに行って「俺は客だぞ!」とオネエチャンにしつこくしたら嫌われだろうし、周りにいる人間も不快でしょ?

 全日本プロレスは処分を発表した。諏訪魔もツイッターで「真摯に受け取ります」と記している。これ以上、何を求めるのか? 諏訪魔はプロレスラーである。全日本プロレスのトップである。ならば、リング上のファイトで応えていくしかないのだ。それで判断すればいいのではないか。支持されなければファンが離れていく。離れていけばトップの座から落ちるというだけのことだ。

 ただ、改めて書いておきたいのは、諏訪魔がプロレスを単なる自身の生活のための仕事と考え、ファンのことを何とも思っていないような人間だったら、今回のようなことは起こらなかったということ。何があってもヘラヘラしているよりも、発露の仕方は別にしてもこういう熱いハートを持っている男が今のプロレス界には必要だと私は思っている。

 諏訪魔はいろいろ考えるところがあったはず。そしてファンの人たちだって、何かしら考えさせられたと思う。今回の一件が、レスラーとファンの関係をみんなが改めて考える材料になれば、少しでも救いがあるというものだ。ということで、この件については打ち切りです。

投稿者 maikai : 2010年09月16日 12:01

コメント

コメントしてください




保存しますか?