« ジュニアでもアラフォー世代が踏ん張った! | メイン | マイティさんはカッコよかった »

2010年05月17日

小島の最終シリーズがスタート

 昨日、後楽園ホールで全日本の『RISE UP TOUR2010』が開幕した。主軸になるのは超党派軍vs新世代軍の世代闘争だが、もうひとつ、小島聡の全日本所属としての最終シリーズというのも大きな柱だ。私が聞いている話では、小島の退団は金銭面等のドロドロしたものは一切なく、あくまでも小島自身が今後の自分のプロレスラー人生を考えた上でのもの。だから今シリーズは、小島にとっても全日本にとってもプラスの双方にとって理想の形になった。小島は今の全日本の図式と関係なく、様々な人間とタッグを組んだり対戦することになったし、全日本的には“小島ラスト・シリーズ”がひとつの売りにもなるわけだ。

 02年2月26日に武藤、ケンドー・カシン、カズ・ハヤシと共に全日本に入団した小島は、武藤・全日本が完成していく過程で大きな役割を果たした。当初、新しい血が入ってくることに抵抗のあった全日本ファンもいたはずだが、小島の明るいキャラクターは多くのファンに受け入れられて、新&旧のファンの潤滑油になった。特にジュニアの人気者のカズ・ハヤシとのコンビ、コジカズはファン層を広げたはずだ。そして最初の三冠王者時代には、小島が実直に防衛戦を行っていたからこそ、安心して“遊び”のトッピングをすることができ、パッケージ・プロレス構築につながったと思う。

 さて昨日の開幕戦では03年最強タッグ優勝、04年にはマスクマン・コンビのグレート・コスケ&獅龍としてアジア・タッグ、素顔で世界タッグを奪取したコジカズの最後の結成となった。

「僕とカズは武藤・全日本の初期のタッグ戦線を引っ張ってきたと自分でも思いますね。今日は久々に組むんですけど、感慨に浸るというよりも、一緒に全日本に来て、8年間でお互いに進化したところを出せればと思ってます。カズは後輩で、弟みたいな存在…でも、ことプロレスになればウェイト・トレーニングの方法を教えてもらったりとか、リスペクトしています。カズが世界ジュニア王者として充実しているのに対して、今の僕はボロボロの状態ですけど、そんな姿も含めて今シリーズは全日本の小島聡を応援して下さった人たちに今現在の在りのままの姿を見せたいと思っています。今日はカズの足を引っ張らないように…。諏訪魔はいろいろ言ってますけど、彼は今の全日本の強さの象徴だと思う。そういう存在がいてくれて頼もしいし、嬉しさもありますよ」と試合前の小島はセンチメンタルな感じでもなく、穏やかだった。

 試合は、小島が近藤をラリアットで沈めて快勝。試合後、近藤は小島の握手に応じたが、諏訪魔は首を横に振って拒否した。しかし、その諏訪魔の表情は複雑。ちょっと涙が浮かんでいたようにも見えたが、それでも「やっぱし、俺の中では小島聡は絶対に認めない。握手なんかしてる場合じゃない。辞めたことを後悔させてやる。“戻ってきたい”って言わせてやる」と最後まで突っぱねた。

 その意気やよし! これぐらいの強い気持ちがなければ超党派軍との世代闘争を戦い抜けないし、全日本を背負っていくことはできない。いずれ小島がフリーとして全日本に上がる日も来るだろう。その時に新たな諏訪魔vs小島のストーリーが始まる。昨日のタッグ対決は、その序章だ。

 このラスト・シリーズは小島にとって、全日本所属としての総決算であると同時に未来の戦いへの種まきでもある。

投稿者 maikai : 2010年05月17日 12:55

コメント

「『戻ってきたい』って言わせてやる。」って、グッときますね。
いずれ、どんな形でもいいから、
小島選手にはまた全日本に来てほしいです。

投稿者 YO : 2010年05月17日 23:56

諏訪魔選手、良いですね...今後の全日本、先頭に立って、引っ張って欲しいです。
小島選手が居なくなると寂しいですが、まずは肘の完治を..
どこのリングでもいいから1日も早く帰って来て欲しい..
その前に最後のシリーズの無事、完走を...

投稿者 岐阜人 : 2010年05月18日 14:15

拝見した限りだと、諏訪魔の本心はやはり『寂しい』と言うことなんでしょうね…。
本当は尊敬していたんだろうなと思わされる発言でした。

諏訪魔、コジ、そして全日に幸あれ…。

投稿者 DAME : 2010年05月18日 19:53

急なことで残念です。カズ選手ではないですが、早く腕を治して信じる道を爆進して欲しいです。
しかし、何か釈然としない気持ちがあります。
最近のNEOの退団、引退、解散のニュースを見ていても思うのですが、選手はいつも「応援よろしくお願いします」と行っている。私もファンのひとりとして、会場にい行って応援していた。
しかし、あまりにも当然に、唐突に、退団だの、解散だのと、、、やっぱり釈然としない気持ちばかりが残っただけだった。

投稿者 しょっかー : 2010年05月19日 17:10

コメントしてください




保存しますか?