« 2009年度プロレス大賞選考会報告 | メイン | ライダーの涙、みのるからの餞別 »

2009年12月10日

発表!Gスピリッツ第14号の表紙&主な内容

表紙.jpg

 12月16日(水)に発売されるGスピリッツ第14号(定価1200円)の表紙と主な内容をお知らせします。

 今回の総力特集は第5号に続く東京ドーム特集第2弾。前回は東京ドームにおける新日本プロレスと他団体の対抗戦にメスを入れたが、今回はガラリと違う形で東京ドームにおけるプロレス興行とは何かを検証している。

 リングに上がって試合をするレスラーだけでなく、現場監督、ブッカー&マッチメーカー、テレビ関係者など、多角的に取材した。それぞれの視点を知ることで東京ドーム興行、プロレスそのものの深さを知っていただけると思う。

【東京ドーム特集】
長州力が明かすヒット商品の仕掛け方

Uインターが新日本に突きつけた「本気」

猪木vsマッチメーク委員会 その思惑と駆け引き

武藤・全日本はW-1で何を目指したのか?

日本テレビから見た社長・三沢光晴の素顔

ブッカーが振り返るSWSの栄華と没落

藤原組で試運転された「秒殺の格闘技」

幻のUFC進出 横綱・北尾vsグレイシー

【ロングインタビュー】
石川孝志

【特別企画】
追悼――剛竜馬

【実録・国際プロレス】
初代リングアナウンサー=長谷川保夫

【クローズアップ】
AWA概史――前編 バーン・ガニアの時代

ウルトラマン悲話

投稿者 maikai : 2009年12月10日 11:43

コメント

ついにGスピリッツにSWSが登場するんですね!石川のロングインタビュー共々、今から楽しみです。

今年はDDTが両国大会を成功させ、先日の大日本·伊東vs葛西戦がプロレス大賞の年間最高試合を受賞。一方、SWSでデビューしたヘイトは船木と全日本のリングで相まみえる。そしてNOSAWA論外がアジアタッグを通じて見せた師匠·高野俊二への想い……こういった事象を見るにつけ、時代の輪が一巡りしたことを感じずにはいられません。「田中社長、見てますか!?」と言いたいです。

投稿者 ムニュ : 2009年12月11日 11:50

コメントしてください




保存しますか?