« 涙の向こうに見えた確かな未来 | メイン | デスマッチ超世代ならではの戦い »

2009年07月13日

新生ノア出帆

 昨日の12日、田上新体制になったノアの新シリーズが後楽園ホールでスタートした。

 試合前には一波乱あった。すでに新聞報道等でご存じの方も多いと思うが、新人事を不服として辞表を提出、10日に受理された百田光雄が報道陣の前で不満をぶちまけたのである。光雄さんは10時半過ぎに会場入りして選手たちに退社の挨拶を行い、試合開始10分前の11時50分頃に報道陣が溜まっている控室通路に姿を見せた。当然、報道陣は光雄さんにコメントを求める。そこから約50分間、光雄さんの熱弁は続いた。その間、リング上では田上新社長がファンに向けて挨拶。何とも異常な状況になってしまったのだ。

 私はここであえて光雄さんの主張を書かない。知りたい方は新聞や他のサイトを検索して頂きたいと思う。なぜなら誰が正しくて誰が悪いという単純な話ではなく、これはもはやプロレス云々は関係ない一つの会社の内部の問題だと思うからだ。以前にも書いたように、私も会社組織にいた時代には様々な経験をさせてもらった。04年夏に日本スポーツ出版社の経営陣が代わったのを機に私は退社したが、それは新経営陣への不満などではなく、そこに至るまでの様々なことや人間関係に嫌気がさしたからだった。そのあたりの事情は私自身、そしてごく一部の人間にしかわからないこと。週刊ゴング休刊騒動の時も、私はフリーとして週刊ゴングに関わる一方では依然として日本スポーツ出版社の株主のひとりだった。当然、社員レベルには伝わっていない話も知っているし、それによって嫌な思いもした。いろいろな人が週刊ゴング休刊について書いたり、喋ったりしたが、私にしてみれば「それを真実だと思っているのか」という程度のことだ。話がついつい私事になってしまったが、会社内部で何かが起こった時にはそういうものなのだ。

 退社という道を選んだ光雄さんには自分自身が信じている正義があるのあろうし、光雄さんが名指しで批判した仲田龍氏にだって仲田氏の正義がある。それを第三者が聞きかじりでどうのこうのとは言えないと私は思う。ただ、第三者的に考えるなら、出来るなら元の鞘に収まってほしかったということ。新人事発表会見の時に副社長に就任した丸藤正道が「人間関係を修復して…」と発言していたが、これから本当にいい方向に向かうことを願うばかりだ。

 さて試合を観たのは、光雄さんの話を聞いていたために第3試合の途中。田上&小川&菊地vs高山&佐野&エドワーズの中盤戦からだった。全日本時代から気心が通じている小川&菊地が田上を盛り上げるという感じで、それに応えた田上がエドワーズをフォール。試合後には高山が田上の手を挙げて健闘を称えるなど、リング上はいい雰囲気だった。

 そして、この日の主役は青木篤志。メインのジュニア・タッグリーグ公式戦で青木&飯伏が3連覇を狙うKENTA&石森を攻略したわけだが、青木が“ノアの中心”に立つKENTAを腕ひしぎでギブアップさせたのだ。新たな船出のフィナーレは大アオキコールだった。

 新生ノアは今ツアーを7月22日に終了させると8月にはディファ、神戸、京都、ディファで4大会を開催。そして9月27日の東京・日本武道館、10月3日の大阪府立体育会館で三沢光晴追悼興行を行う。

投稿者 maikai : 2009年07月13日 11:07

コメント

少しゴチャゴチャしたけど,全員が納得するなんて、無理な話しだし、航海に波と嵐は付物だし。
でも、もう田上丸は出航しました、そこには、三沢光晴が、
命を削って目指した理想が乗っかってる、後戻りはできない、
そう信じて一緒に突き進むしかないと思います。

最終戦を観戦予定なので、かつて、馬場さんに送った「社長」コールを、今度は、田上選手に送れるのが、楽しみです。

投稿者 あすなろボム : 2009年07月13日 19:15

ともかく、全てはこれからだと思います。それは百田にしても同じこと。一ファンとしては、こんな形で百田がいなくなってしまうのが淋しいし悲しい。

それに、ノアを離れたフリーの百田光雄だからこそ、これからのプロレス界にできることがあるんじゃないかとも思います。

藤波やドン荒川と闘う百田が見たい。

大日本の若手とぶつかったり、みのるのゴッチ式パイルドライバーを受ける百田が見たい。

ドラゲーで元祖トペ·スイシーダを見せるのもいいし、バチバチでの闘いも見たい。

いっそBMLで村上和成に受け身を教えたり、突然高田総統に代わってモンスター軍の総帥になって、パンチ·ド·CやモンスターKが「えぇっ!?」とうろたえる所も見てみたい。

……大ひんしゅくものの妄想を延々と書いてしまいましたが、要はまだまだ百田の活躍が見たいのです。

まずは関係者向けではない、ファンへの誠意ある挨拶が欲しいし、それを待ちたいと思います。

投稿者 ムニュ : 2009年07月14日 17:05

コメントしてください




保存しますか?