« ノアの新体制について | メイン | リッキーとジェリコ »

2009年07月08日

クールなジェリコ!

 WWEスーパースターのスケジュールは超ハード。昨日、日本武道館で『スマックダウン&ECWライブ』の第1戦が行われたが、彼らは現地時間5日にハワイのニール・ブレイズデル・センターで試合をしている。6日午前にハワイを発ち、日本到着は昨日の午後。そしてすぐに武道館での試合というわけだ。試合開始は18時30分だったが、時差を考えれば、彼らにとっては23時30分試合開始と同じ。それでも誰もが長旅の疲れを感じさせないファイトを披露したのはさすがだった。

 で、私の中での主役は誰だったかというとレイ・ミステリオのインターコンチネンタル王座に挑んだクリス・ジェリコ。実にクールだった。

 かつてはライオン・ハート、あるいは冬木軍のライオン道としてWARの常連、その後は新日本でも活躍していたジェリコは日本での人気が高い。ヒールながら入場と同時に「Y2J!」の大コールだ。これをジェリコは完全に拒絶した。「俺にとって日本は第2の故郷ではない」と言い放ち、現在の自分がいかに偉大かをマイクでアピール。歓声はたちまちブーイングに変わった。試合中も思わず観客が「Y2J!」コールを送ると、中指を立ててブーイングに変える。まさにヒールの鑑である。

 そして試合内容はもちろん一級品。体格差があるミステリオ相手にルチャのエッセンスも取り入れたファイトで対応しつつ、じっくりとしたレスリングを見せてくれた。もちろん得意技のライオンサルト、ウォール・オブ・ジェリコも披露し、アメリカでの抗争の軸になっているマスク剥ぎも遂行。試合時間は実に25分41秒に及んだ。

 試合後にはレフェリーのリッキー・スティムボートをKOして今日の一騎打ちにつなげ、さらにリングサイドで観戦していた高山義廣を挑発するなど、きっちりと仕事をやってのけた。仕事に対する真摯な姿勢は昔も今も変わらない。「やっぱりジェリコはいい奴だ!」と書いたら…今のヒールのジェリコは怒るかな?

投稿者 maikai : 2009年07月08日 10:45

コメント

コメントしてください




保存しますか?