« 今こそ弾けよ!師弟コンビ | メイン | マニアに向かって… »

2008年11月18日

S-ARENAに新鮮ゲスト登場

2008_1117_008.jpg

 昨日のサムライTV『S-ARENA』のゲストは私にとって新鮮だった。それは大阪プロレスのアジアン・クーガーとタダスケ。クーガーに関してはずっとインディー系のフリーとしてファイトしていたが、空中殺法だけでなくレスリングがしっかりしていて「どこで誰から教わったんだろう?」と思っていた。ある時、かつてのユニバーサル・レスリング連盟代表だった新間寿恒氏に「ウチの練習生だったんですよ」と聞いて「なるほど」と合点がいったことを憶えている。という程度で、直接喋ったことはなかった。去年の4月にデビューしたタダスケとはもちろん初対面。

 で、いざ本番が始まると、さすがに2人とも大阪プロレス。関西ノリのお笑いを披露して番組を盛り上げてくれた。

 正直な話、大阪プロレスをナマで観られる機会はそうそうないので、私はあまり詳しくない。でも、デルフィンが沖縄プロレスを旗揚げ後、大阪プロは確実に新たな時代に入った。何年か前に『S-ARENA』に白鳥智香子と出演してアツアツぶりを見せつけてくれたタイガースマスクが10月にルードに転身。ブラックバファロー、政宗と共にルード軍団を結成。ここに新メンバーとして怪奇派ヲロチが加わった。ルード軍に対抗するのは大阪プロ王者・秀吉、ビリーケン・キッド、ツバサ&アジアン・クーガーのムチャルチャといった正規軍。さらにゼウス、原田、小峠、タダスケの新世代ユニットBLOOD&GUTSY、お笑い系のくいしんぼう仮面、ミラクルマン、えべっさん、松山勘十郎…とコンセプトがしっかりしている。

 そしていよいよ天王山2008の開幕。昨年は優勝=タイガースマスク、準優勝=ゼウスだった。11月24日には天王山の東京初進出として新宿FACE大会。メインではタイガースマスクvsアジアン・クーガーの因縁の一戦が公式戦として行われる。これは勝負の行方はもちろん、大阪プロの魅力を東京のファンに伝える上でタイガースマスクもクーガーも責任重大だ!

投稿者 maikai : 2008年11月18日 09:41

コメント

コメントしてください




保存しますか?