« 海外修行の成果 | メイン | スターのオーラ »

2008年06月24日

熱い男の季節到来!

IMG_1934_1.jpg

 今年もまた『火祭り』の季節がやってきた。ゼロワンMAX夏の恒例行事として今年で8度目を迎える。参加メンバーは2年連続優勝の田中将斗、2年連続準優勝の崔領二、大森隆男、フリーの佐藤耕平、大日本の関本大介、新日本から中西学と真壁刀義、ドラゴンゲートから望月成晃、そして3回優勝の実績を持つ大谷晋二郎。残りひとりは6・26後楽園で決定する模様だ。

 昨日のサムライTV『S-ARENA』のゲストは、ようやく出場が決定した大谷。大谷と言えば、昨年11・13後楽園ホールにおける15周年記念試合で右肩を痛めて以降、苦しい戦いが続いていたが、気が付けば肩のテーピングも取れて『火祭り』に向けて熱くなっている。

「僕はプロレスラーなんで、怪我をしても試合をしながら治してきたと。で、今は万全。ベスト・コンディションです。もう弱音も吐かないし、言い訳もしません!」

 ウーン、大谷らしいコメントだ。今年の『火祭り』には、13年前の『第2回スーパージュニア』で大谷の胸を借りてプロレスラーとしての飛躍のきっかけを掴んだ望月、かつて大谷が教育した真壁が初出場ということで、私にとっても楽しみ。大谷も「昔は関係ないです。今の彼らと同じ目線で戦うのが楽しみですよ」と言っていた。

 かつてのヤンチャ坊主は、今は団体の長として周囲への細かい気配りを忘れない。そんな姿を見ていると、大谷も苦労してきたんだなとつくづく思う。怪我を乗り越え、団体の責任者としての仕事もこなし、レスラーとして人間として1回りも2回りも大きくなった大谷。そんなすべての要素が『火祭り』のリングで発揮されることを願う。

投稿者 maikai : 2008年06月24日 10:26

コメント

コメントしてください




保存しますか?