« 勝彦の覚悟と心意気 | メイン | 心の栄養×2 »

2007年10月27日

Gスピリッツ第3号の表紙は前田日明だ!

Gスピリッツ03.JPG

 腰痛によって10月上旬は仕事をセーブせざるを得なくなってしまい、そのツケが下旬になってドドッと回ってきた。18日の代々木における全日本のテレビ解説に始まって、Gスピリッツ用の前田日明、アブドーラ・ザ・ブッチャーのインタビュー&原稿書き、11月に某出版社から発売される天龍本のジャケット撮影&打ち合わせ、Gスピリッツの会議、その合間にはサムライTV『S-ARENA』出演や東スポの連載等の原稿書き…と、よくもまあ腰がもったものだと思う。でも、こうしたスケジュールを乗り切ったことで自信が付いた。整体師さんによると腰も70%回復しているというし、11月から2007年のラストスパートをかけられそうだ。

 で、久々のダイアリーということで、11月7日発売のGスピリッツ第3号の表紙を公開しよう。ジャーン、前田日明だ。今までの2号の表紙との大きな違いは、今まではモノクロだったのが、今回はカラーだということ。ひとつのカラー、イメージに固まらずに新しいプロレス専門誌を提供していきたいというのがGスピリッツの精神だ。ビジュアル面にしろ、内容にしろ「今月は何があるのか?」と読者の人たちにワクワク感を持ってもらえるようになるのが、我々の理想である。

 前田と会ったのは、BMLとの決別について週刊ゴング1120号でインタビューした昨年3月以来。まだ本の発売日まで時間があるので、取材のこぼれ話は後日、改めて書きたいと思う。

投稿者 maikai : 2007年10月27日 14:28

コメント

コメントしてください




保存しますか?