« ハマりそう…? | メイン | ノアの航路に異変あり »

2007年04月26日

アジアンな日々

  一昨日、昨日と我が家はアジアンな日々だった。

 まず一昨日。4月頭に妻チエコとハワイに行った静岡の叔母ミチヨ(ハワイコールズ参照)から、肉がどっさりと届いた。ということで、今月28日に59歳にして初めて韓国に旅立つマサヤさんご夫妻(我がマンションの大家さん)を招いて、予行演習とばかりに焼肉パーティーだ。日付が変わる頃には、昨年5月に札幌に転勤したマサヤさんの次男ユースケ君も乱入。出張で東京に出てきたらしい。

 それにしても若いっていいね。ユースケ君は31歳(多分)。「いやあ、朝一番で仙台に行くから大丈夫ですよ!」と朝5時過ぎまで平気で飲み、実家でシャワーを浴びると、寝ないで仙台へ行ったようだ。きっと新幹線の中で爆睡すれば大丈夫なのだろう。このスタミナ…天龍さんたち、あるいはLLPW勢と朝まで平気で飲んでいた昔の私のようである。

 そして昨日。ユースケ君の乱入によって、すっかりペースが乱された私たち夫婦は、フラフラの状態で13時半に有楽町マリオンの朝日ホールへ。申し込んでおいたマレーシア・ロングステイ・セミナーに参加するためだ。

 マレーシアのランカウイ島は、我々夫婦にとってハワイと同じく大切な場所。ワイキキは物価が日本と同じくらい高いが、マレーシアだと3分の1くらい。加えてマレー系、中国系、インド系の人たちが宗教を越えて暮らしている国だから他民族に寛容で、特にマレー系の人はのんびりしている。「いずれ、ランカウイでのんびり暮らすのもいいかもねー」などと言っていたので、いいチャンスだからセミナーに参加してみた次第。

 行ってみると、会場はギッチリ。「こんなにマレーシアに住むことを考えている人がいるの??」というくらいの人。そして年齢層は高い。「皆さん、立派に働きました。これからの第2の人生はマレーシアで有意義な時間を…」なんて言われても、こっちはピンとこない。何か場違いなところに来てしまったか…。特に目新しい情報はなし。ゲストとして、昨年暮れにTV番組でペナンに滞在したという萩原流行夫妻のトークショーがあり、“ナマ萩原”を見ることができたのが収穫か(話の内容は無し)。結論は「行きたい時に旅行で行けばいいや!」だ。

 夜は近所にオープンしたインド料理屋へ。前日まで店のペンキを塗っているような状態だったから、他人事ながら「間に合うのかな?」と心配したが、ちゃんと店を開けたから立派。

 有楽町マリオンに行く前に店の前でオープン記念の割引券を配っていたので、
「昨日の夜までペンキ塗ってたでしょ。よく間に合いましたね」
 と声をかけると、
「ダイジョーブ!カレーの中にはペンキが入ってないから来てねー!」
 このゆるーい感じは嫌いじゃない。

 チキン・サグ(チキンとほうれん草のカレー)、プラウン・ミックス(エビと野菜のカレー)、ナン、シーク・カバブに生ビールをオーダー。おお、うまいではないか。このお店は夜12時までオープン。近所には遅くまでやっている店があまりないからありがたい。ぜひ、根付いてほしいものだ。

 

投稿者 maikai : 2007年04月26日 13:15

コメント

コメントしてください




保存しますか?