« 真壁が突きつけた現実 | メイン | 無我は大人のプロレス »

2007年04月12日

チャボさん日本引退

 昨日は無我の後楽園ホールでチャボ・ゲレロの日本引退試合。かつてWWWFジュニア・ヘビー級王座を巡って死闘を演じた藤波とラストマッチを行なった。56歳になったチャボだが、ゴングと同時にヒップアタック、上がらなかったもののロメロ・スペシャルにトライし、倒立してのレッグロックを披露…と、目一杯のファイトを見せてくれたのが嬉しかった。

 思えば、藤波が大流血した寝屋川市民体育館での一戦は今から29年も前。確か私は高校2年生で、修学旅行の帰りにファンクラブ仲間と会って、東京駅近くのどこかの食べ物屋でテレビ中継を見たと記憶している。

 チャボとの直接的な思い出は14~15年前のSWS、WARに来ていた頃。チャボは天龍さんに負けないくらいの呑べえで、酒なら何でもOK。酔ったチャボにドブロクの一升瓶を口に突っ込まれたこともあったっけ。とにかく陽気な酒だった。

 今回の来日に際して、天龍さんから「下手に飲みに誘って、コンディションを崩されでもしたら藤波に悪いから、とりあえず天龍がよろしく言っていたと伝えてくれよ」と言われていたので、それをチャボに告げ、天龍さんの電話番号を教えると「今晩、ホテルに戻ったら電話してみるよ!」と大喜び。どうやら真夜中に六本木から酔っ払って電話したようだ(苦笑)。

「ずっとレスリングのビジネスを続けていくつもり。WWEのコーチかロード・エージェントになれたらいいんだけど」とチャボ。この人も死ぬまでプロレスラーで在り続けるに違いない。

投稿者 maikai : 2007年04月12日 16:13

コメント

コメントしてください




保存しますか?