« 頑張れカズシ、そして棚橋! | メイン | ファン感謝デー »

2006年03月19日

残念!

 今日の新日本の両国国技館は前回2月19日より観客動員数が減って7500人。だが、もはや観客の入り云々が問題ではない。今の新日本は、集まったお客さんをいかに満足させて、次の興行で、その満足したお客さんが知り合いを連れてきてくれることで動員増を目指すしかない。

 週刊ゴングの速報の都合で全試合を観られたわけではないが、私は2・19より良かったと思う。お客さんも沸いていたし、試合も、選手のお客さんを満足させようという気持ちに溢れていたし、その必死さがちゃんと客席に届いていたと思う。

 ハッキリ言って、アラを探したらキリがない。甘いと言われようが、いいところを探したくなるのが人情というものだ。恐らく、集まったファンも私と同じ気持ちだったのではないか。

 これでメインのレスナーVS曙が良ければ、気持ちよく帰れたが…残念! レフェリーが試合に巻き込まれて“幻のフォール”が生まれたり、レスナーがベルトを使ったりしたのはいただけない。なぜ、普通にできないのか?この試合には曙にもレスナーにも逃げがあったと私は感じた。いいじゃないか、真っ向からぶつかって白黒つければ。負けたって傷なんか付きやしない。激しいぶつかり合いを見せれば、勝者も敗者も同等なのだ。最後の最後で逃げが見えた今回の両国…あと一歩だったのに、本当に残念でならない!

投稿者 maikai : 2006年03月19日 20:43

コメント

いつも拝見させていただいてます!m(_ _)m 

そうですかぁ・・ひどかったんですね。一言で言い表すなら。(苦w
『三沢vs森嶋』に”あの頃”の全日が感じられたように、今日のIWGP戦にも ”あの頃”の新日を思わせる『選手同士のプライド』が感じられる試合になれば、新日本も新たな起爆剤になった筈でいたのに・・・
残念しか表現できませんねぇ。
はっきり言って『曙』に、プロレス界は見切りを付けた方が良いのでは?
興行収益に貢献するのは判るんですが、タイトルに絡めるのは時期が早すぎる気がしてました。(スタミナ不足など)
プロレスの『順応力』は有るんでしょうけど、戦いの緊張感が、こちらには届いていないと思います。
どうでしょう?ここだけの話ですが・・・・w

投稿者 GNOG : 2006年03月20日 05:35

はじめまして!いつも侍TVで拝見させていただいてます。
昨日の放送での両国についてのコメントにかなり同感できました!特に曙さんの試合についてのレフリー倒れとベルト攻撃については僕も同じように感じてたんで嬉しかったです。
昔の人気があった時の新日ならともかく今ああいう後味悪い試合してしまったのは痛いです。ああだとレスナーになんか気持ちがのれなくなってしまいます。。たまにしか出ないんだから、なおさら。。前のレスナー中邑対曙長州が面白かっただけに残念でした。これからも出演楽しみにしてます!失礼します!

投稿者 とも : 2006年03月21日 07:42

コメントしてください




保存しますか?