« 坂口道場 | メイン | 頑張れカズシ、そして棚橋! »

2006年03月16日

石沢常光とケンドー・カシン

 昨日のヒーローズでケンドー・カシンこと石沢常光が柔道出身の秋山成勲と戦って敗れた。またまた総合でプロレスラーが負けたわけで、批判の声も大きかったことだろう。

 だが、私は個人的には久々に“石沢の顔”を見ることができて単純に懐かしさを覚えていた。石沢とカシンは本当に別人。石沢は礼儀正しい男だが、カシンは訳のわからない男。ここ数年間はカシンの顔がほとんどだったから、やりにくくてしょうがなかった。私が最後に“石沢”に会ったのは一昨年の5月30日。偶然、同じ新幹線に乗っていて、新神戸の駅でバッタリ。一緒にタクシーに乗って会場に向かったのだ。
「イッシーに会うのは久しぶりだね。やっと話ができるよ」
と言うと、石沢はニコニコと笑い、タクシーの中では当時の全日本の状況を話してくれた。私はその時にカシンの心が全日本から離れているを薄々、感じ取った。

 あれ以来、私は石沢に会っていないことになる。その後に会っているのは、すべてカシンなのだ。果たして今度はいつ、石沢常光に会えるのか?

投稿者 maikai : 2006年03月16日 19:32

コメント

コメントしてください




保存しますか?