« 熱血!小笠原先生 | メイン | フリーとしての良識 »

2005年09月28日

夢見る心

 ちょっと古い話になってしまうが、25日の日曜日に東京・狛江市の坂口道場完成披露パーティーに出席した。坂口さんの63歳になっての夢の実現。素晴らしいことだと思う。

 何より素晴らしいのは、その坂口さんの夢を奥さんの利子さん、長男の征夫さん、次男の憲二君がバックアップしていることだ。スタッフには元週刊ゴングの編集部員で、その後に新日本プロレスに転職した山本貴弘君もいた。そういえば山本君は一昨年の暮れに週刊ゴングで坂口さんと天龍さんの対談をやった時に坂口さんのお付きとして来ていたし、事務所ではいつも坂口さんと昼食を摂っていた。きっと坂口さんの人間性に魅せられているのだろう。

 正直なところ、この坂口道場が具体的に何を目指しているのかはわからない。でも、昔からやりたかったことを、こうして実現できたのは喜ばしい限り。やっぱり坂口さんを支えているのは柔道であり、プロレスなんだなあと実感させられた。坂口さん、おめでとうございます!

投稿者 maikai : 2005年09月28日 19:48

コメント

コメントしてください




保存しますか?