2015年09月11日

9月16日は70年代・新日本プロレスに浸ろう!

 5日後の9月16日(水)は山本雅俊PRESENTSスペシャルアーカイブトークイベント『原点・新日本プロレス』でテレビ朝日の『ワールドプロレスリング』初代実況アナウンサーの舟橋慶一さんとご一緒させてもらう。

『ワールドプロレスリング』の放映がスタートしたのは1969年7月2日。実に46年前のこと。アントニオ猪木を番組のエースとして日本プロレス中継を始めたのである。舟橋さんは”若獅子”と呼ばれた時代の黄色やオレンジのタイツを履いた20代のアントニオ猪木を盛り立て、あの伝説のドリー・ファンク・ジュニア戦などを実況した人物なのだ。

 1973年4月から『ワールドプロレスリング』は日本プロレス中継から新日本プロレス中継に以降。舟橋さんの実況は”若獅子”から”燃える闘魂”の時代に移行する。ストロング小林、大木金太郎らの超大物日本人同士の対決、カール・ゴッチ、ルー・テーズ、ビル・ロビンソンとのプロレス・ルネッサンス、タイガー・ジェット・シンとの血の抗争、そして格闘技世界一決定戦…40代半ば以降の人は舟橋さんの実況、東京スポーツの櫻井康雄さんの解説という名コンビのテレビ中継の虜になっていたはずだ。

「古代パンクラチオンの時代より人々は強い者への憧憬を深めてまいりました」という名フレーズを憶えている方もいることだろう。9月16日は、あの70年代の新日本プロレスの世界にどっぷり浸りましょう!

イベントの詳細は以下の通りです。

山本雅俊PRESENTSスペシャルアーカイブトークイベント
『原点・新日本プロレス』
9月16日(水)18:45開始予定
語り手  元テレビ朝日アナウンサー 初代ワールドプロレスリング実況・舟橋慶一
聞き手 小佐野景浩
進行MC 山本雅俊
会場 『スタジオGP』 
JR山手線・新大久保駅から徒歩7分 (新宿区大久保1―14―14フロンティアビル2F)
チケット 前売り2900円 当日500円増し
※チケット購入はメールで miyabitti2002@kud.biglobe.ne.jp (VERY SMART) 
御名前、枚数、携帯番号を必ず明記して下さい。
会場・スタジオGPのアクセス詳細 ◆新大久保駅(JR山手線)より徒歩7分 改札を出たらスグ右手へ(明治通り方面へ)そのまま直進 →1軒目の「オムニ食堂」、100円ショップ「キャンドゥ」を通り過ぎ更に直進 →2軒目の「オムニ食堂」と「ほほえみ薬局」の間を右折 →右折してスグ左手に1Fに黄色看板「駒忠」居酒屋があるビルの2F

投稿者 maikai : 12:22 | コメント (0)